シングルサインオンを導入してトラブル回避に役立てよう

OSSによって広がる世界のメリット・デメリット

3人のビジネスパーソン

OSSのライセンスは非営利団体「The Open Source Initiative(OSI)」が管理しており、無償のソフトウェアですが利用規約や条件があります。OSIからライセンス(使用条件)が「オープンソースの定義(The Open Source Definition)」に合致していると認められた場合にそのソフトウェアはOSSであると承認されます。

「OSI認定マーク」が付与されたソフトウェアはユーザーに対してメンテナンスを長期に渡って継続してくれます。OSSはライセンス費用が無償で、初期費用や導入後のライセンス管理費や定期的なリプレース費など統合的なコストを削減できます。OSSのライセンスはソフトウェアごとに異なりますので導入する際はご注意ください。OSSを使用する用途・目的に応じて内容を確認しましょう。

OSSは信頼性と安定性を高く評価され、二次利用できるため多くの方々に利用されています。個々の用途に合わせてカスタマイズできるため高い汎用性を持っています。OSSを利用してソフトウェアを開発する企業や個人も増えています。その二次的著作物は「コピーレフト型」と呼ばれ、ソースコードを公開しなければなりません。また改良した場合も元の著作物と同じように再配布することが義務付けられています。

注目の記事

  • 3人のビジネスパーソン

    OSSによって広がる世界のメリット・デメリット

    OSSのライセンスは非営利団体「The Open Source Initiative(OSI)」が管理しており、無償のソフトウェアです…

    MORE
  • ログインに失敗する

    OSSとは?活用のメリットとデメリットをご紹介

    OSSとは、「オープンソース」+「ソフトウェア」を組み合わせた単語です。前者の「オープンソース」とは、「ソースコードがオープンである」…

    MORE
  • 仕事中の女性

    改変自由なOSSは質の高いものが多いです

    システム開発の際にOSSの利用を考える企業は多いですが、無料で使えるとなると質が低いのではないかと不安に思う事も多いのではないでしょう…

    MORE
  • OKサインをする

    今やソフトウェア作成に欠かす事の出来ないOSS

    とある目的や欲求を満たすソフトフェアを一から自分の手で作り上げる際、そのベースたるソースコードが予め公開されていれば、これ程嬉しい事は…

    MORE

コンテンツ一覧